花止めを使うコツ

フラワーアレンジメントで花止めを使うコツ

フラワーアレンジメントで、花を生ける土台、これはとても大切です。
生ける際、花留めと言うものを使います。あなたは聞いたことがありますか?

 

「花留め」とは、口が広い器や、平べったい器で生けた花が広がってしまう場合に使います。
このような器には花留めテクニックを使って、美しく花をアレンジします。
挿して使う剣山もひとつの花留めです。

吸水スポンジの花止め

さて、吸水スポンジに花を挿すケースが良く見られると思います。
発泡スチロールのようなもので、水分を十分に吸ってくれるものです。

 

フラワーショップなどでアレンジされたものを購入する場合、たいていこれに挿してありますから、みなさんも見たことがあると思いますが、一般的には、グリーンのあの物体で、触るとぼろっと崩れるような塊です。

 

これは市販されていますので、ご家庭でも気軽に使うことが出来ます。
花留めとして活用してはいかがでしょうか。
最初に、この吸水スポンジに水をたっぷりと、含ませて使います。
水に浸しておけば自然と吸ってくれますから大丈夫です。

茎は斜めにカット

そして、フラワーアレンジメントで吸水性スポンジを使う際、ここに花を挿すのですから、挿しやすいように、茎は斜めにカットします。
先端を尖らせておいたほうが挿しやすいですからね。
この吸水スポンジは、残念ながら一度挿すと穴がぽっかり空いてしまいます。
触っても元には戻りませんから、一旦穴が出きてしまうとそこには花は挿せません。
従って、ぼこぼこと穴だらけになると、挿すことができなくなってしまいます。

花止めを使うコツ関連ページ

花の水揚げのコツ
フラワーアレンジメントにおける花の水揚げのコツをご紹介
花の切り方のコツ
フラワーアレンジメントの花の切り方のコツをご紹介
花止めの使い方
フラワーアレンジメントにおける花止めの使い方をご紹介
花の挿し方
フラワーアレンジメントにおける花の挿し方をご紹介