花の切り方のコツ

フラワーアレンジメントの花の切り方のコツ

次に、花をカットするコツです。

 

フラワーアレンジメントをするにはカットすることは必須になります。
ですが、この切り方もちょっとしたコツがあり、ポイントさえ抑えれば大丈夫です。

綺麗にカットすることも必要ですが、水揚げを良くしてあげるような切り方にすることも大切です。
水揚げが良いと、その後、長持ちしますから、長くフラワーアレンジメントが楽しめることになります。

茎は斜めにカットする

まず、その方法ですが、茎をカットする時、断面が広くなるよう斜めにカットしましょう。
そうすると、水を吸い上げる面が広くなるので、水分も吸収されやすくなって、花のもちが長くなります。
ところで、上手にカットする為には、切れの良い鋏良く切れるナイフが必要です。
ほかのものを切っていると、どうしても切れが悪くなったり、刃が弱ったりします。
フラワーアレンジメント専用鋏を用意しましょう。
あまり切れないはさみは、茎の皮まで取れてしまいますので、幅広く断面を作ることが出来ません。
花専用のはさみを買うか、そうでなくてもナイフなど、花を切る専用のものとしましょう。

枝がついた切り花を切り分けるコツ

枝が付いた切花を更に切り分ける場合、どこを切ったらよいのでしょうか。
そんな時は、枝分かれしているすぐ上を切ります。つまり、中心になっている枝をカットします。
太い枝から出ている細い枝を切ると、太さのバランスがおかしくなってしまいます。
フラワーアレンジメントでは、太さ、長さを、出来るだけ揃えるようにして下さい。

花の切り方のコツ関連ページ

花の水揚げのコツ
フラワーアレンジメントにおける花の水揚げのコツをご紹介
花止めを使うコツ
フラワーアレンジメントで花止めを使うコツをご紹介
花止めの使い方
フラワーアレンジメントにおける花止めの使い方をご紹介
花の挿し方
フラワーアレンジメントにおける花の挿し方をご紹介