花の挿し方

フラワーアレンジメントにおける花の挿し方

フラワーアレンジメントの準備が終わったところで、早速、花を挿して行きましょう。

全体的な大まかなイメージとして、

花と容器の一体化させることを頭に入れておきましょう。

自然界に生きていた花と、人口で作られた花器、このふたつが一緒にすることは難しいものです。

 

そこに、フラワーアレンジメントで、一体化させてあげると統一感が出てきて、作品としては素晴らしいものに仕上がります。生けた部分だけのバランスではなく、器のことも考えて花を挿していくようにしましょう。

 

そして、花や葉、枝などは、挿す前によく見ておきます。
そうすると、形や色の違いが良くわかり、どこに何を挿したら良いか、始める前に構想を浮かべます。

 

手に取ったものをどんどん挿すのではなく、フラワーアレンジメントでは、その前に観察することも大切です。

例えば、花は、

  • 開いたもの
  • つぼみのもの
  • 咲きかけのもの

など、混ぜて使うことで動きのあるアレンジが可能になります。

切り方

挿す前の切り方ですが、やわらかい葉や枝などは、真っ直ぐにカットします。
固い枝もの太い枝などは、斜めにカットします。

挿し方

挿す際は、上から下に真っ直ぐ挿します。
例えば、斜めにしたい場合も、最初に真っ直ぐ挿してから、方向をつけるようにしましょう。
葉など、薄いもので刺さりにくい場合は、短く切った葉などを重ねて挿します。

 

このようなことに気をつけて、葉、枝をカットし、挿して行きましょう。
そして何度も挿しなおさないようにしたいものです。

花の挿し方関連ページ

花の水揚げのコツ
フラワーアレンジメントにおける花の水揚げのコツをご紹介
花の切り方のコツ
フラワーアレンジメントの花の切り方のコツをご紹介
花止めを使うコツ
フラワーアレンジメントで花止めを使うコツをご紹介
花止めの使い方
フラワーアレンジメントにおける花止めの使い方をご紹介