花止めの使い方

フラワーアレンジメントでの花止めの使い方

お伝えしましたように、吸水スポンジは、何回も挿しなおすと穴だらけになってしまいます。
そうなると、空気が入ってしまい、茎の断面が水に接することが難しくなります。
手軽に使える吸水スポンジにもこうした難点があるわけです。

予めどこに何を挿すかをイメージ

従って、フラワーアレンジメントでスポンジを使用する際には、何度も挿しなおすことのないように、予めどこに何を挿すかをイメージして始めると良いでしょう。

挿す茎は一点に向かうように挿す

そして、挿すときのテクニックですが、挿すそれぞれの茎が、スポンジの中のある一点に向かうように挿します。ココが、茎と茎がかちあわないので、うまくアレンジすることが出来るコツです。

 

 

ワイヤーなども、花留めには簡単に使えて、便利です。

 

また、日本では昔から剣山を使って花を生ける風習があります。
生け花などに使う、針が沢山出ている剣山も立派な花留めです。

剣山の使い方

剣山に刺す場合、断面が下向きにならないように気をつけます
何度も挿したり、抜いたりすると、茎の断面がダメージを受けますから、繰り返しやらないようにしましょう。

 

さて、これらの花留めに、花を挿す瞬間、そしてアレンジする時こそ、フラワーアレンジメントにおいて、もっとも楽しい時間です。挿し方のコツさえ覚えておけば、いろいろな花留めを使ったとしても、上手にアレンジすることが出来ます。

 

ここまで、さまざまな準備をしてきましたが、以上が本当のフラワーアレンジメントハウツーです。

花止めの使い方関連ページ

花の水揚げのコツ
フラワーアレンジメントにおける花の水揚げのコツをご紹介
花の切り方のコツ
フラワーアレンジメントの花の切り方のコツをご紹介
花止めを使うコツ
フラワーアレンジメントで花止めを使うコツをご紹介
花の挿し方
フラワーアレンジメントにおける花の挿し方をご紹介