花の水揚げのコツ

フラワーアレンジメントの水揚げのコツ

フラワーアレンジメントでは、水揚げはとても大切なことのひとつです。
水揚げとは、お花が好きな方はご存知でしょうが、お花に十分水分を含ませる方法です。

 

フラワーアレンジメントで使う場合、売られている花の切り口が乾燥している時には水揚げが必要です。
既に、葉がしおれていたら、水揚げして花が元気さを取り戻してからアレンジを行います。

水折り

まず、水折りと言う方法をご紹介します。
両手が入るくらいの、大きなバケツなど、水折りのための容器を用意します。
そこへ、水をたっぷり入れましょう。
次に、根本から5cmくらいのところを手で折りますが、切り口が広くなるように折りましょう。
そして、折った花を、別の容器に移し、そこへも水をたっぷりいれ、1時間くらい放置しておきます。
これが水折りと言う、水揚げの方法です。

水切り

次に、水切りと呼ばれている方法をご紹介します。
花についている余分な葉を、取り除きます。バケツなどの容器に水をはり、花を挿します。

水切り: 一般的な水揚げの方法です。
ボウル等にたっぷり水をはり、茎の根元を水の中につけて、水中で根元から1〜2cmのところを斜めに切ります。空気中で切ると、茎の中に空気が入り、水の通りが悪くなる為、効果が半減します。

花の長さの3分の2くらいまで水に浸ることが出来る容器に、カットした花を一昼夜つけます
これらの水揚げ処理をすれば、だいたいは元気になってくれます。

 

しかし既に、しおれかかっている花は、どうしたらよいでしょうか?

水揚げ後は、花全体に水分をあげたいので、新聞紙に全体を包み、花全体が湿るようにして一晩おいておきます。この時、花は立てたほうが、水を良く吸いますので、容器も花を立てられるような形状のものが好ましいです。

 

ほかにも水揚げの方法として、

  • アルコール法
  • 根本割り

などがフラワーアレンジメントの前準備として存在しますが、ご紹介した水切り、水折りが一般的です。

花の水揚げのコツ関連ページ

花の切り方のコツ
フラワーアレンジメントの花の切り方のコツをご紹介
花止めを使うコツ
フラワーアレンジメントで花止めを使うコツをご紹介
花止めの使い方
フラワーアレンジメントにおける花止めの使い方をご紹介
花の挿し方
フラワーアレンジメントにおける花の挿し方をご紹介