フラワーアレンジメントに使う花

フラワーアレンジメントに使う花

フラワーアレンジメントに使いたい花は、いろいろあります。

  • 大きな花
  • 小ぶりな花
  • 細かい花びらのある花・・・など

アレンジを楽しむ際、ただ並べればいいというものではありません。
これらの花の形と、アレンジにおいての役目を知っておくことが大切です。

 

見た目にも美しく、立体感があり、バランスの取れたアレンジにするためには、どんな花がどんな役目をするのか知っておいたほうが良いでしょう。

ここでは、どんな形状の花がどんなフラワーアレンジメントにふさわしいのか、ご紹介したいと思います。
ご自分でこういうアレンジにしたいとイメージがある場合、花を選ぶ際の参考にしてもよいでしょう。

マスフラワー

まず、マスフラワーと呼ばれる種類の花があります。
これは、花びらがとにかくたくさん集まっているものです。
だいたいの花は、丸い形状をしていて、菊、薔薇、カーネーションが有名です。
これは、フラワーアレンジメントにすると、全体的にボリュームが出て元気の良い印象になります。
お祝いごとなどに贈るアレンジには、ポップな色の花を使えば元気でボリュームのある花束になるでしょう。

フォームフラワー

それから、フォームフラワーと呼ばれている花があります。
これは、大輪の花で、個性の強い花です。
数個入っているだけでとても目立ちます。
フラワーアレンジメントの際には、これらの花でアクセントをつける感じです。
例えば、代表的なもので、ユリなどがそうです。
また、カトレアなども存在感のある立派なフォームフラワーです。

フィラーフラワー

また、フィラーフラワーは、ひとつの茎からあちこちに枝分かれをし、小さい花が沢山ついたものです。
小さい花を持つものはとてもキュートですよね。
私も大好きでよく購入します。
これらは、先ほどご紹介したフォームフラワーの脇役になるような花です。
大きなアクセントになる花と、花の間に、これらのフィラーフラワーを入れて、空間を埋めます。
こうすることで、全体的に立体感が出るのです。
代表的な花では、カスミソウ、スターチスなどが良く使われますね。
カスミソウは、ほとんどの花束に使われています。
花束には欠かせない存在と言っても良いでしょうね。
カスミソウがあると、ほかの花がぐんと引き立ちますから、とても重要な役目を持った花だと私は思います。

ラインフラワー

さて、最後にラインフラワーをご紹介しましょう。
ラインフラワーとは、その名前の通り、葉に沿ってラインのように花がついているものです。
これらは、比較的、丈が長いものが多いと思います。
フラワーアレンジメントで、輪郭を際だたせるために使われます。
ラインフラワーで有名なものが、ストックや、グラジオラスなどです。
メインの花にするにはちょっと物足りないものの、ラインフラワーは大事な脇役なのです。

 

おわかりになりましたでしょうか?
これらの花がどのように使われるのかコツを知っておくだけで、いままでのアレンジよりレベルアップしたものを作ることが出来ると思います。

 

ご自分で素敵なフラワーアレンジメントを作ってみてはいかがでしょうか。