花束・フラワーアレンジメント〜結婚記念日、誕生日、母の日のプレゼントに

ブリザードフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの一種でブリザードフラワーと言うアレンジをみなさはご存知でしょうか?

 

最近では、ネットショップで多く見かけるようになりました。
手軽に購入できて、生花よりずっと長く楽しめるブリザードフラワーはとても人気があります。

 

このネーミングですが、英語のpreservedが使われています。
プリザーブドは、何かを失わないよう保存するなどの意味があります。
従って「プリザーブドフラワー」とは、長く保存できるフラワーアレンジメントになります。

 

素材には、新鮮な生花を使います。
そして、花の組織をキープしながら、水分を取ります。
更に、着色料を混ぜた特殊な液を使い、更に排水し、乾燥させ、完成です。

 

ドライフラワーは昔からありますが、あれは枯れたように色も落ちて茶色くなってしまいますよね。
ですが、ブリザードフラワーは、それよりも美しく保存することが出来るようになりました。
まるで、生きている花の風合いそのままに保存されます。

 

見た目も美しいことから、お祝いに贈られることが多いようです。
私も友人の誕生日に贈ったことがありますし、また、退職祝いとして年配の方に贈ったことがあります。
年齢を問わず、プレゼントして喜ばれる贈り物だと思います。

 

ブリザードフラワーは、1991年ごろ出来たものです。
けっこう新しいフラワーアレンジメントだと言えますね。
これは花を保存する研究が進歩したため、完成した保存方法だと言えるでしょう。

プリザーブドフラワー保管上の注意点

ブリザードフラワーは、そもそも、フランスで長寿命な花の製造技術の研究と言うものが発表され、それが商品化されたものです。
現在、ブリザードフラワーアレンジメントは、ヨーロッパをはじめ、日本、アメリカなどで人気があります。

 

ブリザードフラワーを頂いたことがある方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

保管時の注意点

保管の際、注意しなければならないことが幾つかあります。
素材が生きた花ですから、とてもデリケートです。
優しく扱わなければ鮮度がどんどん失われてしまいます。

 

例えば、飾っている間に、ほこりがたまりますが、それを拭いたりしないようにしてください。
ドライヤーの弱風などで飛ばすようにして下さい。
雑巾で拭いたりすると花にダメージを与えてしまいますので気をつけましょう。

 

さて、通常のフラワーアレンジメントと違って水は厳禁です。
水をかけないようにしなければなりません。

 

もちろん、お風呂場などの湿気の多い場所も避けたいです。
湿気があるところに飾っておくと、花びら、葉の上に水滴が出来ることがあります。
これはそのままにせず、スポンジなどで吸い取っておいてください。
ついた水滴をそのままにしておくと、色あせや、色落ちに繋がります。
また、ブリザードフラワーの鮮度にも影響してしまいますから、湿気は厳禁です。

 

ブリザードフラワーは、加工品ですから、水に濡れると色落ちがします。
この点の注意についてお話したいと思います。

プリザーブドフラワーアレンジメント記事一覧

ブリザードフラワーアレンジメント〜取り扱いの注意点

室内でブリザードフラワーアレンジメントを楽しんでいるだけなら問題ありません。しかし、ガーデンウェディングなど、外で使う時には注意が必要です。突然の雨でぬれてしまった場合、花婿のコサージュ花嫁のブーケーがブリザードフラワーは、衣服にブリザードフラワーの色が付かないように気をつけて下さい。野外で結婚式を...

≫続きを読む