フラワーアレンジメント用の花を選ぶ

フラワーアレンジメント用の花を選ぶその1

フラワーショップではいろいろ種類の花を見かけます。
定番のもの、珍しいもの、目に留まる花が結構あります。

 

最近ではスーパーの片隅でも切花が売られていたりします。

 

管理人も時々、買い物のついでに購入することもあります。
これを家に帰ってから生けてみると、とても楽しいものです。

 

なんだか部屋の中が華やいだ感じになり、とても気分が良いですね。

部屋の中に花がある暮らしは、とても素敵です。
花を見ているだけで心が和みます。

お子さんが小さい場合は、お母さんがこうして花を生けることは情緒面からの刺激があって良いことです。
お子さんの心に、花を愛する心も芽生えるのではないでしょうか。

 

さて、切花を購入し、自宅で生けている人はけっこういらっしゃるでしょう。
このようにフラワーアレンジメントを楽しみたいときは、花がなくては何も始まりません。

 

店頭で花を買うにも、本当にさまざまな種類の花が売られています。
好きな花を選んで購入すればよいと思いますが、やはりそれも新鮮な花を選びたいものです。

 

そうすれば長く楽しめますし、フラワーアレンジメントをする甲斐があります。
新鮮な花を購入し、長くお花を楽しみたいですね。

良い花を選ぶ方法

では、良い花を選ぶ方法をご紹介しましょう。

 

フラワーアレンジメントを長く持たせるのは、購入する際のちょっとしたコツです。
せっかくお金を払って購入するのですから、知っていると知らないとでは、かなりの差が出てしまいます。

良い花を選ぶ方法

切花を買う時、以下がチェックすべき点ですので、マメ知識として頭に入れておいて下さい。
では、フラワーアレンジメントをするのに、花の見た目はどんなものを選んだらよいのでしょうか?

咲き方をチェックしましょう

まだ、咲ききっていない花を選びましょう。
花が全開のものは、後は直に散ってしまうだけですから・・・。
選ぶとしたら、つぼみも多くて開きかけている花が理想的ですね。
花はつぼみが咲きますから、これから咲くところまでを一定の期間楽しめます。

また、花びらの様子もチェックしてみて下さい

良く見ると、先端が透けて見えるものがあります。これが新鮮な証拠です。
花びらの中の繊維が浮き出ているくらい透けて見えるものを選びましょう。

さて、花びらを支えるガクにもポイントがあります

美しい緑色をしていて、ガクの先まで張りがある新鮮なガクの花を選びます。
反対にガクが変色して緑ではなくなっているものは、新鮮な花ではありませんので注意しましょう。

葉っぱもチェックしましょう

次に葉っぱですが、葉が不自然に曲がったり、巻いていたりするものは新鮮ではありません。
葉に細かい毛がある場合、その毛がきちんと立っている花を選びましょう。

バケツや器に花が売られている際は、一緒に入っていた花もチェックしましょう

器やバケツには、その中にバクテリアがいる場合があります。
この時は、ほかの花の状態を見て下さい。それが健康な花かどうかがわかります。
一緒の器に入っていた花がダメなようなら、その器の花は選ぶのは遠慮したいですね。
フラワーアレンジメントでは、花の健康状態が非常に大切です。